顔脱毛を受けて起こり得る肌荒れのメカニズムとは - 顔脱毛を受けたあとは、きちんと定められたケアを忘れずに行ってください。これを怠ると肌荒れの原因になります。また、施術者の技量によっても肌荒れが起こることがありますので、経験豊富な方にお願いするといいでしょう。

顔脱毛を受けて起こり得る肌荒れのメカニズムとは

顔脱毛を受けたから肌荒れが起こる2つの原因とは?顔脱毛の施術を受けたあとに肌荒れになる方がいますが、そのメカニズムには2種類あります。まずよくあるのが、施術を受けた本人のケアが不十分であったということ。顔脱毛を受けたあとはお肌がどうしても敏感になっているもの。

いま話題の脱毛サロン!脱毛ラボに寄せられた口コミあれこれ

初夏から夏にかけては紫外線が強いため、日焼け止めを塗るかサングラスやマスク、帽子などで紫外線のダメージを軽減させることが欠かせません。

ところが、必要な日焼け止めの処置をとらなかったり、乾燥した患部にきちんと保湿をしてあげなかったり、施術を受けた当日に熱いお風呂に入ったりなどすることで、肌荒れを引き起こしてしまうのです。いずれもサロンやクリニックで注意事項として指導をされる項目ですので、それを守らなかった当人に責任があります。

一方で、施術を行う側の不手際が原因で起こる肌荒れもあります。わたしたちの顔は皮膚が薄くデリケートであるため、脱毛の施術を行うにあたっては、それぞれの部位のコンディションを見極めながら、レーザーや光の出力をコントロールしていきます。その過程が不十分であることで、必要以上の熱量が照射され、肌荒れを引き起こしてしまうのです。顔脱毛を受けたあとに起こりやすい肌荒れの症状あれこれ

上にご説明したように、顔脱毛を受けたあとにはちょっとした不注意が原因で肌荒れが起こりやすいもの。具体的には、以下のような症状が代表的です。

・やけど:脱毛サロンだけでなく、自宅でできる家庭用の光脱毛器によっても引き起こされる肌荒れのひとつ。出力を上げすぎてしまったことによって過大な熱量が照射され、起こります。適切なクールダウンを行ったり、施術前にジェルをきちんと塗布することで防ぐことが可能です。
・炎症:顔脱毛のあとに起こりやすい肌荒れのひとつで、赤みが出たり、内出血のブツブツができたりします。お肌が弱い方に起こりやすく、1日から7日間程度で症状は改善します。
・毛穴が開く:一般的に顔脱毛を行うことで毛穴は引き締まるものですが、出力が高すぎるなどが原因で毛穴が乾燥し、開いた状態になることがあります。

東京にあるエタラビとキャンセル料

・硬毛化:産毛などを脱毛した際に起こりやすい肌荒れのひとつで、産毛だったものがより太くて硬い毛に変化してしまいます。

顔脱毛で肌荒れを起こさないようにするためのポイントまずは、サロンやクリニックで教えられたケアの手順を守ること。そして、きちんとした経験や技術を備えたスタッフに施術をお願いすることです。

顔脱毛のあとは、保湿をきちんと行うとともに、紫外線などの刺激をできるだけ避けること。このことを頭に入れておいてください。

顔脱毛を効率的に行うために!毛周期を知っておきましょう

顔脱毛を効率的に行うためには、毛周期を知っておくことが大切です。毛周期とは、成長期と退行期、休止期からなり、顔の産毛の場合には1か月から2か月のサイクルです。顔脱毛を行うポイントは、毛周期の成長期に行うのが効率的です。

そもそも、毛周期とはどういうもの?毛周期とは、毛が生まれてから成長し、抜け落ちるまでのサイクルのこと。わたしたちの身体にはたくさんの毛が生えており、太さや色素の量が異なるだけでなく、実は毛周期もさまざまです。

では、顔脱毛の対象となる顔に生えている産毛の毛周期は、どのようになっているのでしょうか。それを知るためには、毛周期の詳細について確認しておくことが大切です。

毛周期のはじめには、毛根から伸び始めた毛が成長する「成長期」があります。成長期を過ぎた毛は「退行期」に入りますが、これは毛の成長がストップし、毛根の活動がストップして毛が抜け落ちるまでの期間です。そして毛の抜け落ちた毛根は「休止期」に入り、新しい毛の「成長期」が訪れるまで続きます。顔脱毛を効率的に進めるためには、毛周期をどう活用すればいいの?

わたしたちの顔に生えている産毛の毛周期は、個人差がありますが3週間から4週間、なかには7週間程度の方もいます。およそ1か月、あるいは最長で2か月の周期のサイクルとなっていますので、顔脱毛も同じサイクルで行うのが最も効率的。

実際に脱毛の施術を行うタイミングとしては、産毛が成長する成長期をピンポイントで狙うのが最適です。脱毛サロンや美容クリニックで提供される光脱毛やフラッシュ脱毛、レーザー脱毛では、毛に含まれているメラニン色素に反応してその働きを破壊していきますが、成長期の毛根にダメージを与えることで発毛が抑制されるようになります。

顔脱毛を行っている期間に、自宅でのセルフケアを行っても問題ないの?このように、顔脱毛は産毛の毛周期に合わせて、1か月から2か月に1回のペースで実施します。つまり、施術を行わない期間が1か月から2か月存在することになりますが、こういったインターバルの期間でももちろん産毛は成長していくもの。

顔の産毛はどうしても気になってしまうのですが、自宅でのセルフケアを行ってもいいものでしょうか?基本的に、顔脱毛の施術を受けるとお肌のコンディションが乱れやすくなりますので、通常のペースでのセルフケアはおすすめできません。

きちんと保湿ケアを行ったうえで、1週間に1回程度に留めておくようにしてください。それ以上の頻度で行うと、どうしてもカミソリや毛抜きなどによる物理的な刺激が肌荒れの原因となってしまいますので、控えるようにしましょう。それでも気になるようでしたら、お肌への物理的な刺激の少ない電動シェーバーを利用することをおすすめします。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。